出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 世界およびその中で生きている人間に対して、人間のありかたという点からみた統一的な解釈、意義づけ。知的なものにとどまらず、情意的な評価が加わり、人生観よりも含むものが大きい。楽天観厭世 (えんせい) 観運命論・宗教的世界観・道徳的世界観などの立場がある。

  1. 俗に、文学・音楽などで、その作品がもつ雰囲気や状況設定。「人気漫画の世界観が楽しめるカフェ」

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

出典:gooニュース