出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「いちぐら」とも》奈良・平安時代、市で取引のために商品を並べた所。

「市人、四 (よも) より集ひて、自然に―をなせり」〈出雲国風土記〉