出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]心が満ち足りず、もの寂しいこと。「寂寥感」
    1. 「行介は何か淡い―を覚えた」〈山本有三・波〉

[ト・タル][文][形動タリ]ひっそりとしてもの寂しいさま。「寂寥とした冬景色」

出典:青空文庫