出典:デジタル大辞泉(小学館)

いつわって、いないふりをすること。

「世の中の人の心の浮雲に―する有明の月」〈詞花・雑下〉