• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いつわって、いないふりをすること。

「世の中の人の心の浮雲に―する有明の月」〈詞花・雑下〉