出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「たいせき(対蹠)」の慣用読み》向かい合わせた足の裏のように、二つの物事が全く反対の関係にあること。正反対。「対蹠点」