出典:デジタル大辞泉

人が立った状態での目のあたりの高さ。住まいにおける視線の高さ、カメラを構える位置、遠近法透視図法における消失点の高さなどを指す。