• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ある一点を視点とし、物体を人間の目に映るのと同様に遠くを小さく近くを大きく描く画法。透視画法。パースペクティブ。→遠近法

  1. 投射図法

[地理/その他の地理の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/その他の美術の言葉]カテゴリの言葉