出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]

  1. (「抓む」とも書く)指先や爪の先ではさみとる。つまみとる。「茶を―・む」「花を―・む」

  1. (「剪む」とも書く)はさみなどで物の先を切りとる。「枝を―・む」「髪を―・む」

  1. 1の比喩的用法)大きくならないうちに取り除く。「悪の芽を―・む」

  1. 指先ではさんで持つ。

    1. 「御裳 (みも) の裾―・みあげ」〈・四四〇八〉

  1. 指先で強くはさむ。つねる。「わが身を―・んで人の痛さを知れ」

    1. 「太刀抜きたる腕 (かひな) を捕らへていといたう―・み給へれば」〈・紅葉賀〉

[可能]つめる