出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]話や関係などが、ややもすると途切れそうになるさま。「途切れ勝ちに語る」「途切れ勝ちな故郷の便り」