(と)り付(つ)く島(しま) の意味

  1. 頼りとしてすがるところ。取り付き所。多く、あとに打消しの表現を伴って用いる。「つっけんどんで取り付く島もない」
  1. [補説]文化庁が発表した平成24年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「取り付くがない」を使う人が47.8パーセント、本来の言い方ではない「取り付く暇 (ひま) がない」を使う人が41.6パーセントという結果が出ている。