出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ハ下二]《古くは「なそふ」とも》見立てる。くらべる。なぞらえる。
  • 「愛 (うるは) しみ我が思ふ君はなでしこが花に―・へて見れど飽かぬかも」〈・四四五一〉