はい‐かぐら〔はひ‐〕【灰神楽】例文一覧 1件

  1. ・・・別れた、女も別れる言うてますと巧く親父を欺して貰うだけのものは貰たら、あとは廃嫡でも灰神楽でも、その金で気楽な商売でもやって二人末永う共白髪まで暮そうやないか。いつまでもお前にヤトナさせとくのも可哀想や。それで蝶子、明日家の使の者が来よった・・・<織田作之助「夫婦善哉」青空文庫>