出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]いちずであること。また、そのさま。
  • 「あまり―におほどかにあてなる人は、世の有様も知らず」〈・若菜下〉