出典:デジタル大辞泉(小学館)

無釉 (むゆう) の陶器にたすきを回したような茜 (あかね) 色の線状の現れたもの。焼成中に他の器と接解するのを避けるために用いた藁 (わら) が、器肌に焼きついて自然に現れたのに始まる。備前焼の特色をなし、のちに装飾技法として用いられるようになった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉