出典:デジタル大辞泉(小学館)

言葉や態度の端々に、それとなく現れること。

「頼む言葉の―、あいくろしげにほのめかし」〈浄・用明天王