出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 球状の火のかたまり。特に、夜、墓地などで空中を飛ぶという火のかたまり。鬼火。人魂 (ひとだま) 。

  1. 激しく闘志を燃やすようすなどをたとえていう語。「火の玉となって戦う」

出典:gooニュース

出典:青空文庫