1. 雨の降る暗夜などに、墓地や湿地の空中を漂う青い火。燐化 (りんか) 水素の燃焼によるとする説もあるが不明。陰火。幽霊火。狐火 (きつねび) 。

  1. 鬼火焚 (た) き」に同じ。

[補説]書名別項。→鬼火

吉屋信子の短編小説。昭和26年(1951)、第4回日本女流文学者賞を受賞。翌年、同作を表題作とする作品集を刊行。