生命が終わること。死を迎えること。また、その時。臨終。最期。末期 (まつご) 。比喩的にも用いる。「―の地」「近代の―」

[補説]書名別項。→終焉

幸田文による随筆。昭和22年(1947)「文学」誌に発表。父である幸田露伴の看取りを描いた作品。

出典:青空文庫

出典:gooニュース