1. 特定の人に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。「恋に落ちる」「恋に破れる」

  1. 土地・植物・季節などに思いを寄せること。

    1. 「明日香川川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき―にあらなくに」〈・三二五〉

[補説]書名別項。→

小池真理子の恋愛小説。学園紛争の時代を背景に、3人の男女の倒錯した愛の世界を描く。平成7年(1995)発表。同年、第114回直木賞受賞。