• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ふう‐か〔‐クワ〕【風化】例文一覧 15件

  1. ・・・自然力の風化して行くあとが見えた。紅殻が古びてい、荒壁の塀は崩れ、人びとはそのなかで古手拭のように無気力な生活をしているように思われた。喬の部屋はそんな通りの、卓子で言うなら主人役の位置に窓を開いていた。 時どき柱時計の振子の音が戸の隙・・・<梶井基次郎「ある心の風景」青空文庫>
  2. ・・・また径の縁には赤土の露出が雨滴にたたかれて、ちょうど風化作用に骨立った岩石そっくりの恰好になっているところがあった。その削り立った峰の頂にはみな一つ宛小石が載っかっていた。ここへは、しかし、日がまったく射して来ないのではなかった。梢の隙間を・・・<梶井基次郎「筧の話」青空文庫>
  3. ・・・それは昭和十一年建てられた当時、墨の色もはっきりと読取られたものであるが、軟かい石の性質のためか僅か五年の間に墨は風雨に洗い落され、碑石は風化して左肩からはすかいに亀裂がいり、刻みこまれた字は読み難いほど石がところどころ削げ落ちている。自分・・・<黒島伝治「短命長命」青空文庫>
  4. ・・・落下、落下、死体は腐敗、蛆虫も共に落下、骨、風化されて無、風のみ、雲のみ、落下、落下――。など、多少、いやしく調子づいたおしゃべりはじめて、千里の馬、とどまるところなき言葉の洪水、性来、富者万燈の御祭礼好む軽薄の者、とし甲斐もなく、夕食の茶・・・<太宰治「創生記」青空文庫>
  5. ・・・安山岩かと思われる火山岩塊の表面が赤あかさびいろに風化したのが多い。いつかの昔の焼岳の噴火の産物がここまで流転して来たものと思われた。一時止んでいた小雨がまた思い出したようにこぼれて来て口にくわえた巻煙草を濡らした。 最後の隧道を抜けて・・・<寺田寅彦「雨の上高地」青空文庫>
  6. ・・・映画フィルムも現在のままの物質では長い時間を持ち越す見込みがないように思われるから、やはり結局は完全に風化に堪えうる無機物質ばかりでできあがった原板に転写した上で適当な場所に保存するほかはないであろう。たとえば熔融石英のフィルムの面に還元さ・・・<寺田寅彦「映画時代」青空文庫>
  7. ・・・崖の風化した柔らかい岩の中に花崗石の大きな塊がはまっているのを火薬で割って出すらしい。石のくずを方七八分ぐらいに砕いて選り分けている。これを道路に敷くのだと見えて蒸気ローラーが向こうに見える。その煙突からいらだたしくジリジリと出る煙を見ても・・・<寺田寅彦「旅日記から(明治四十二年)」青空文庫>
  8. ・・・たとえば風化せる花崗岩ばかりの山と、浸蝕のまだ若い古生層の山とでは山の形態のちがう上にそれを飾る植物社会に著しい相違が目立つようである。火山のすそ野でも、土地が灰砂でおおわれているか、熔岩を露出しているかによってまた噴出年代の新旧によっても・・・<寺田寅彦「日本人の自然観」青空文庫>
  9. ・・・方今の有様にては、読書家も少なく翻訳書もはなはだ乏しければ、国内一般に風化を及ぼすは、三、五年の事業にあらず、ただ人力をつくして時を待つのみ。一、学校を設くるに公私両用の別あり。その得失、左の如し。一、官に学校を立つれば、金穀に・・・<福沢諭吉「学校の説」青空文庫>
  10. ・・・ここを温泉が通って岩を変質させたのです。風化のためにもこう云う赤い縞はできます。けれどもここではほかのことから温泉の作用ということがわかるのです。〕ずいぶん上流まで行った。実際こんなに川床が平らで水もきれいだし山の中の第一流の道路だ。ど・・・<宮沢賢治「台川」青空文庫>
  11. ・・・それがつまり風化だな。」大学士は眼鏡をはずし半巾で拭いて呟やく。「プラジョさん。お早くどうか願います。只今気絶をいたしました。」「はぁい。いまだんだんそっちを向きますから。ようっと。はい、はい。これは、なるほど。ふふん。一寸・・・<宮沢賢治「楢ノ木大学士の野宿」青空文庫>
  12. ・・・ 徳田さんのもっている色調はきついチョコレートがかった茶色であり、それに漆がかっているような艷がある。風化作用に対して、いかにも抵抗力のきつい感じである。若さは、この人物のうちにあって、瑞々しいというようなものではなく、もっと熱気がつよ・・・<宮本百合子「熱き茶色」青空文庫>
  13. ・・・龍宮造りの山門を潜り石段を登ると、風化作用によって一種趣のついた石欄がある。奥に、朱塗の唐門があり、鍵の手に大雄宝殿――本堂となっている。古色を帯びた甃の上の柱廊を以て、護法堂その他の建物が連絡されている。総て朱塗だ、新に余り品質のよくない・・・<宮本百合子「長崎の印象」青空文庫>
  14. ・・・安寿は畳なり合った岩の、風化した間に根をおろして、小さい菫の咲いているのを見つけた。そしてそれを指さして厨子王に見せて言った。「ごらん。もう春になるのね」 厨子王は黙ってうなずいた。姉は胸に秘密を蓄え、弟は憂えばかりを抱いているので、と・・・<森鴎外「山椒大夫」青空文庫>
  15. ・・・水の豊富なこと、花崗岩の風化でできた砂まじりの土壌のことなどは、すぐ目についてくる。ところでその湿気や土壌が植物とどういうふうに関係してくるかということになると、なかなか複雑で、素人には見とおしがつかない。ただほんの一端が見えるだけである。・・・<和辻哲郎「京の四季」青空文庫>