出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《近世語》
  1. 肥満して張り出た腹。また、その人。

    1. 「その―くり抜いてやらんものと」〈浄・双生隅田川〉

  1. 馬子 (まご) が馬をののしっていう語。

    1. 「けたいの悪い―めと鞭 (むち) を打ち」〈浄・西王母〉

  1. 腹がよじれるほどおかしいこと。また、そのさま。笑止千万。

    1. 「あの時代は―な事がいけえことごぜえましたよ」〈滑・浮世風呂・四〉