出典:デジタル大辞泉(小学館)

簿記の用語。

  1. 売上高を処理する勘定。商品勘定の3分法によって設けられる。貸方に売上高、借方に売上値引および戻り高が記入され、貸方残高は純売上高を示す。

  1. 委託販売における積送品の売上高を処理する勘定。積送品売上勘定。