出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《形容詞「よろし」の語幹+連語「なへ」から》ちょうどよいぐあいに。ふさわしく。
  • 「耳梨の青菅山 (あをすがやま) は背面 (そとも) の大き御門に―神さび立てり」〈・五二〉