出典:デジタル大辞泉(小学館)

インフルエンザ水痘 (すいとう) のような症状のあと、突然に嘔吐 (おうと) ・痙攣 (けいれん) ・昏睡 (こんすい) 状態を呈する病気。小児に多く、死亡率が高い。1963年にオーストラリアの病理学者ライ(R.D.K.Reye)が報告。