出典:デジタル大辞泉(小学館)

水素原子中の電子のエネルギー準位に見られるごく僅かなずれ。1947年、W=ラムとR=レザフォードにより発見された。後に繰り込み理論を導入した量子電磁力学により、実験結果が説明された。ラム・レザフォードの実験は量子電磁力学の正しさを証明する最初の実験として知られる。