あき‐す【空き巣/明き巣】 の意味

  1. 鳥のいない巣。
  1. 人のいない家。
  1. 空き巣狙 (ねら) い」の略。
  • 名詞

あき‐す【空き巣/明き巣】の慣用句

  1. あきすねらい【空き巣狙い】
    • 家人の留守をねらって盗みに入ること。また、その人。