出典:デジタル大辞泉(小学館)

ロシア連邦西部、ヤロスラブリ州の都市。ボルガ川上流にあり、河港を有す。12世紀以前より漁村として知られ、16世紀頃から交易の要衝として発展。19世紀初頭、バルト海に通じる水路が建設されて交通の要地になり、ロシア革命後には工業都市となった。1941年には世界最大級の人造湖リビンスク人造湖が造られた。1946年から1957年まではシチェルバコフ、1984年から1989年まではアンドロポフと称した。ルイビンスク。

[地理/外国地名/東ヨーロッパ]カテゴリの言葉