出典:デジタル大辞泉(小学館)

three-dimensional CAD》コンピューターを利用する、立体的な構造物の設計・製図。構造物の取り扱いには、その輪郭の線のみで表すワイヤフレームモデル、多角形の面のみで表すサーフィスモデル、中身が詰まった実物に近い構造物を表すソリッドモデルの3種類の手法がある。3D CAD。