出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ばくちで、何度負けても4割増しずつかけて、勝てば一挙にそれまでの負けを取り戻す方法。

  1. さいころばくちで、続けて負ける運となること。負け目。