出典:デジタル大辞泉(小学館)

インド西部、マハラシュトラ州の都市アウランガーバードにある霊廟。17世紀後半、ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブの息子アザム=シャーが亡き母をしのび建造。タージマハルを模して設計されたが、ムガル帝国の弱体化により十分な建設費をまかなえず、白大理石はドームと墓廟のみに用い、ほかは漆喰が塗られた。マクバラー廟。