おお‐いた〔おほ‐〕【大板】 の意味

  1. 茶の湯で、風炉を据える敷板の一種。寸法は1辺1尺4寸(約43センチ)のものと、長板を二分したものとがある。
  • 名詞