あざけり【嘲り】 の意味

  • 名詞
  • あざけり【嘲り】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「世の嘲りはうける。

      芥川竜之介「忠義」

    • ・・・僕は一時的清教徒になり、それ等の女を嘲り出した。

      芥川竜之介「歯車」

    • ・・・世間は公然、私を嘲り始めました。

      芥川竜之介「二つの手紙」