出典:デジタル大辞泉(小学館)

可逆反応で、正反応と逆反応との速度が等しくなり、見かけ上は反応が停止した状態。