出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](あとに打消しの語を伴って用いる)まったく。まるで。
  • 「―懐いた事のないような、不思議な物狂わしい情熱が」〈菊池寛・藤十郎の恋〉