かつ‐ぶつ〔クワツ‐〕【活物】 の意味

  1. 生きて活動しているもの。⇔死物
    • 「必竟 (ひっきょう) 世の事変は―にて容易に其の機変を前知す可らず」〈福沢学問のすゝめ
  • 名詞

かつ‐ぶつ〔クワツ‐〕【活物】の慣用句

  1. かつぶつきせい【活物寄生】
    • 生物が、生きている他の生物体に寄生し、養分などを吸収すること。⇔死物寄生