出典:デジタル大辞泉(小学館)

長唄「京鹿子娘道成寺 (きょうがのこむすめどうじょうじ) 」の一節。恋慕の相手、僧安珍を隠した鐘に対する清姫の恨みをいうくだりの「鐘」に「金」をかけて「金に恨みは」と語呂合わせに用い、金銭に対する恨みをいうようになった。