出典:デジタル大辞泉(小学館)

競 (くら) べ馬」に同じ。

「―の鼓に我を打ちこめて出 (い) だしもはてぬ世にこそありけれ」〈夫木・二七〉