出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 最もすぐれていること。

    1. 「大のみ小のみ手斧鋸 (のこぎり) 遣り鉋 (かんな) 、―の手裏剣と」〈浄・出世景清

  1. この上なく好都合なこと。

    1. 「必定 (ひつぢゃう) 久吉この内に忍び居るこそ―」〈浄・太功記