出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 空を飛ぶ雁の意から「かり」、また地名の「かる」にかかる。

    1. 「―軽 (かる) の路 (みち) は」〈・二〇七〉

  1. うち振る領巾 (ひれ) が空飛ぶ雲に似るところから、「ひれ」にかかる。

    1. 「ひさかたの天の川原に―領巾片敷き」〈・一五二〇〉