出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 孝行で欲が少なく、正直なこと。また、そのさま。

    1. 「―を察すれば濁る泥の如く」〈東海散士佳人之奇遇

    1. ㋐中国代に、朝廷が各郡に推挙させた人物の徳目の一。また、その徴士の名称。

    2. 郷試合格者である、挙人の称。