さんぎょう‐こうこがく〔サンゲフカウコガク〕【産業考古学】 の意味

  1. 産業史の遺跡・遺物を考古学の実証的方法によって研究する学問。1955年英国のリクス(Michael Rix)が提唱。