死別/死に別れる の解説 - 小学館 類語例解辞典

死別/死に別れる の共通する意味

身近な人が死んで、会うことができなくなること。

英語表現 bereavement

国語辞書で調べる 死別 死に別れる

死別/死に別れる の使い方

死別する
▽幼いころ、父親と死別した ▽死別の悲しみ
死に別れる 【ラ下一】
▽夫に死に別れる

死別/死に別れる の使い分け

二語とも意味は同じだが、「死に別れる」の方が、話し言葉に多く使われる。

死別/死に別れる の反対語

▼死別⇔生別 死に別れる⇔生き別れる

死別/死に別れる の関連語

永訣・永別する
永久に別れることから、「死別」と同じ意味で用いられる。両語とも文章語。「心から永訣をお悔やみ申し上げます」「母と永別して、はや五年たちます」
永の別れ
永遠の別れの意。やや古い、情緒的な言い方。また、単に長い間会うことができない別れの意でも用いられる。「長の別れ」とも書く。「手を握り、永の別れを告げる」

カテゴリ

#社会生活#出会い・送迎・仲間

死別/死に別れる の類語 - 日本語ワードネット

死別 の類語

愛する人の死、あるいは別れに対する悲しみの状態 の意

死に別れる の類語

死亡または殺害による人の死に苦しむ の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi