• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

美しい(うつくしい)/麗しい(うるわしい)/きれい

関連語
秀麗(しゅうれい)
端麗(たんれい)
美麗(びれい)
流麗(りゅうれい)
壮麗(そうれい)
  1. [共通する意味]
      ★姿・形・色・音などが、整っていて鮮やかで快く感じられるようなさま。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔美しい〕(形)
      美しい声で鳥がさえずる
      ▽奥様はいつもお美しくていらっしゃいますね
    • 〔麗しい〕(形)
      麗しい乙女
      麗しい
    • 〔きれい〕(形動)
      ▽花がきれいに咲きそろった
      ▽彼の娘はきれい
  1. [使い分け]
    • 【1】「美しい」が最も一般的だが、日常の話し言葉に限っては、「きれい」のほうがよく使われる。「麗しい」は、やや古めかしく、文章語的。「きれい」は、「綺麗」「奇麗」と当てる。
    • 【2】「美しい」は、「美しい行い」「美しい友情」のように、人の行為や態度にもいう。
    • 【3】「麗しい」は、「御機嫌麗しい」のように、晴れ晴れとしていい意や、「麗しい友情」のように、心あたたまるさまの意にも用いられる。
    • 【4】「きれい」は、「澄んだきれいな水」のように、汚れがなくて清潔なさまや、「きれいに平らげる」「きれいに忘れる」のように、残りの全くないさまにも用いられる。
  1. [関連語]
    • (秀麗) (名・形動)他より整っていて、すぐれて美しいさま。文章語。「眉目(びもく)秀麗な若者」「秀麗な富士の姿」
    • (端麗) (名・形動)容姿や形が整っていて、美しいさま。多く、女性にいう。「容姿端麗な女性」
    • (美麗) (名・形動)はでで、かつ美しく整っているさま。文章語。「美麗な装飾」「美麗な人」
    • (流麗) (名・形動)詩や文章、音楽などがよどみなく美しいさま。文章語。「流麗な書体」「流麗な笛の調べ」
    • (壮麗) (名・形動)規模が大きくて、立派で美しいさま。文章語。「壮麗な建築」「壮麗な富士の山」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    …女性…雪景色…師弟愛字を…書く
    美しい  ○  ○  ○-く○
    麗しい  ○  -  ○-く-
    きれい-な○-な○-な--に○
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

美しいの類語

  • 感覚を活気づけ、知的情緒的賞賛を喚起する の意
  • 形体と比率の理想への調和による見かけ上の心地よさ の意
  • 目と同様に心にうったえる の意
  • 繊細さまたは品のよさによって感じがよい; 印象的ではない の意
  • 出演においてセンセーショナルであるか影響においてスリリングな の意

麗しいの類語

  • 感覚を活気づけ、知的情緒的賞賛を喚起する の意
  • 容姿、行動または様式において洗練され趣味のよい の意
  • 動き、スタイル、姿、または出来栄えの美しさを特徴とする の意
  • 性質または外観が快活な、愉快な、あるいは感じのよい の意
  • 喜びを与えるさま; あなたの趣味または好みと調和してあること の意

きれいの類語

  • 不器用さがない; 正確に、または、手際よく、実行される の意
  • 感覚を活気づけ、知的情緒的賞賛を喚起する の意
  • 形体と比率の理想への調和による見かけ上の心地よさ の意
  • 目と同様に心にうったえる の意
  • 繊細さまたは品のよさによって感じがよい; 印象的ではない の意
  • ほこりまたは不純物を含まない; または清潔な習慣を持っていること の意
  • 性質または外観が快活な、愉快な、あるいは感じのよい の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi