• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

心配(しんぱい)/気がかり(きがかり)/不安(ふあん)

関連語
憂い(うれい)
  1. [共通する意味]
      ★何か悪いことが起こらないかと考え、心が落ち着かないこと。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔心配〕(名・形動)スル
      心配のたね
      心配
    • 〔気がかり〕(名・形動)
      ▽夫の体調が気がかり
      気がかりな言葉
    • 〔不安〕(名・形動)
      不安に襲われる
  1. [使い分け]
    • 【1】「心配」は、現在どうなっているのか、これからどうなるのかと気にすることで、その気にする事柄の範囲は広い。また、「宿の心配までしてもらう」のように、気づかいの意味でも使われる。[英]worry
    • 【2】「気がかり」は、物事の結果やなりゆきなどが気になること。[英]anxiety
    • 【3】「不安」は、漠然と悪いことが起こるのではないかと気になることに使う。[英]uneasiness
  1. [関連語]
    • (憂い) 「心配」の意の文章語。「備えあれば憂い無し」
  1. [対比表]
    子供の将来が…だ親に…をかける…をいだく明日の天気が…
    心配
    気がかり
    不安
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

心配の類語

  • 心配または気遣いを感じることあるいはを示すさま の意
  • 安心感が欠如しているか、楽または安心の余裕を持たないさま の意
  • ありうる不幸または危険などにより精神的に困惑する の意
  • 関心を持つ の意
  • 胸を痛める、憂慮している、案じている、問題を抱えている、または不安である の意
  • ありそうな、または可能性のある状況や出来事について恐れている、心配または不安を感じる の意
  • 気遣う、あるいは興味を示す の意
  • 心配を示す、それで一杯のまたはそれを引き起こす の意
  • 気がかりな不安、トラブルまたは悲しみに苦しめられるまたは、それらに特徴付けられる の意
  • を気にかける の意
  • 不安を起こす物、あるいは人; 不幸の源 の意
  • 煩わしいまたは難しい懸念 の意
  • 苦悩や痛みを引き起こす出来事 の意
  • 心配する根拠 の意
  • 恐れの混じった予感または予期 の意
  • (通常不明確な)不幸な出来事が起こるのではと思う、あいまいな不快感 の意
  • 強い不安感 の意
  • 心配な気持ち の意
  • 心配と神経過敏の比較的永続する状態で、様々な精神障害で起こり、通常、強迫観念に取り付かれた行動またはパニックの発作を伴う の意

気がかりの類語

  • 心配または気遣いを感じることあるいはを示すさま の意
  • ありうる不幸または危険などにより精神的に困惑する の意
  • 気がかりな不安、トラブルまたは悲しみに苦しめられるまたは、それらに特徴付けられる の意
  • 不安を起こす物、あるいは人; 不幸の源 の意
  • 心配する根拠 の意
  • 強い不安感 の意
  • 心配な気持ち の意
  • 心配と神経過敏の比較的永続する状態で、様々な精神障害で起こり、通常、強迫観念に取り付かれた行動またはパニックの発作を伴う の意

不安の類語

  • 心配または理解で の意
  • 心配であって、不安である の意
  • 安心感が欠如しているか、楽または安心の余裕を持たないさま の意
  • ありうる不幸または危険などにより精神的に困惑する の意
  • 気がかりな不安、トラブルまたは悲しみに苦しめられるまたは、それらに特徴付けられる の意
  • 休んだり、寛いだり、じっとしていられないこと の意
  • 不安であると思われる特性 の意
  • 落ち着きのない、かき乱された気持ち の意
  • 恐れの混じった予感または予期 の意
  • これから起こることへの不安 の意
  • (通常不明確な)不幸な出来事が起こるのではと思う、あいまいな不快感 の意
  • 強い不安感 の意
  • 動揺、不穏な変化または開発の状態 の意
  • 心配と神経過敏の比較的永続する状態で、様々な精神障害で起こり、通常、強迫観念に取り付かれた行動またはパニックの発作を伴う の意
  • 不幸せで心配な精神状態 の意
  • 緊張し、苦痛を感じている状態 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi