[形][文]こころよ・し[ク]
  1. 気持ちよく感じられる。さわやかだ。「―・い海風」「―・い音色」

  1. (連用修飾語として用いられ)感じがよい。好ましい。気さくである。「―・く承知する」

  1. 病気のつらさがなくなる。気分がよくなる。「このところ熱も下がって、だいぶ―・い」

  1. (「心良い」と書く)気だて・人柄などがよい。人がよい。

    1. 「おほかた―・き人の、まことにかどなからぬは」〈・二六九〉

[派生]こころよげ[形動]こころよさ[名]

出典:青空文庫