[形][文]しぶ・し[ク]
  1. 渋柿を食べたときなどの、舌がしびれるような味である。「―・いお茶」

  1. はででなく落ち着いた趣がある。じみであるが味わい深い。「―・い声」「―・い色のネクタイ」「目の付け所が―・い」

  1. 不愉快そうな、または、不満そうなようすである。「―・い顔をする」

  1. 金品を出すのを嫌がるようである。けちである。「―・い客」

  1. 動きが滑らかでない。「湿気でふすまが―・くなる」

[派生]しぶさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース