[形][文]おくゆか・し[シク]
  1. 深みと品位があって、心がひかれる。深い心遣いが感じられて慕わしい。「人柄が―・い」

  1. 《「奥行かし」で、心がひかれる意から》奥にひそむものに強く心がひかれる。さらによく知りたい。→床 (ゆか) しい

    1. 「いつしか聞かまほしく―・しき心ちするに」〈大鏡・序〉

[派生]おくゆかしがる[動ラ五]おくゆかしげ[形動]おくゆかしさ[名]

出典:青空文庫