所属/直属/配属/専属/帰属 の解説 - 小学館 類語例解辞典

所属/直属/配属/専属/帰属 の共通する意味

団体の一員として加わっていること。

英語表現 one's position

国語辞書で調べる 所属 直属 配属 専属 帰属

所属/直属/配属/専属/帰属 の使い方

所属する
▽運動部に所属する ▽備品の所属を明確にする
直属する
▽直属の部下
配属する
▽今度総務部に配属となった山田です
専属する
▽レコード会社専属の歌手
帰属する
▽組合に帰属する ▽会社への帰属意識 ▽領土の帰属を決める

所属/直属/配属/専属/帰属 の使い分け

「所属」は、人間以外にも用いることがある。
「直属」は、直接上下関係があり、指揮・監督を受けること。
「配属」は、それぞれの部署にふり当てること。
「専属」は、一つの会社、団体にだけ所属し、他とは関係しないこと。
「帰属」は、物や人が、きまった人や団体などに属していること。

カテゴリ

#社会生活#出会い・送迎・仲間

所属/直属/配属/専属/帰属 の類語 - 日本語ワードネット

所属 の類語

正式に関係する、または、参加するようになる行為 の意

所有されている; 所有状態にある の意

部分あるいは付属物 の意

配属 の類語

(人)を職に配置する、あるいは(人)に仕事を割り当てる の意

帰属 の類語

部分あるいは付属物 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and
2016-2022 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi