• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

仏説(ぶっせつ)/仏法(ぶっぽう)/教義(きょうぎ)

  1. [共通する意味]
      ★宗教上の教え。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [使い方]
    • 〔仏説〕
      仏説の意を悟る
    • 〔仏法〕
      仏法に帰依する
    • 〔教義〕
      ▽キリスト教の教義について勉強する
  1. [使い分け]
    • 【1】「仏説」「仏法」は、仏教で、仏陀(ぶっだ)の教えをさし示していう語。僧侶(そうりょ)や信仰者が、尊び敬っていうときに用いられる。[英]Buddhism
    • 【2】「教義」は、宗教上の教えをいう。宗教上の信仰内容が真理として説かれ、認められる、その教えの内容。宗教、宗派をとわず用いる。[英]a doctrine
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

教義の類語

  • 原則、信仰の体系 の意
  • 教えられる教理 の意
  • 証明なしに真であると宣言される宗教の教義 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi